ひとこと

 

 

Word2016で標準のフォント(游明朝)を変更する方法

Office2016から標準のフォント『游明朝体』

Windows10の標準フォントの『游ゴシック体』と同じ游書体と呼ばれる物なのですが、これがどうも見にくい

筆者は今までは以前の標準フォントのMS明朝を愛用していたので、最新版のOfficeでもそれを使いたい。

ただ書類を作る際にいちいちき変更するのは嫌なので、今回は

Word2016でデフォルトのフォントをMS明朝やMSゴシックなどに変更する方法をお伝えします。
スポンサーリンク
Google



A8
amazonおまかせ

Pixta(年賀状)

translation missing: ja.mypage.affiliate.actions.index.banner_title.nenga

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

変更方法

まず標準フォントを変更する方法なのですが、システムを改変したりする必要はありません。

Wordで白紙の文書を指定し書類を作る際、私たちはNormal.dotmという標準のテンプレートを利用しています。

今回はこのテンプレートのフォントを変更していきます。

Windows

  1. Wordを起動したら、「ホームタブ」にある「フォント」の右下のここをクリックしてください。するとフォントダイアログボックスが開くので、「フォントタブ」を開いて下さい。

  2. フォントを選択する画面になるので、ここで好みのフォントを選択してください。私はMS明朝を選択しました。
  3. ダイアログボックスの左下に「既定に設定」というところがあるのでここをクリック
  4. このような画面が出るので「標準(Normal.dotm)テンプレートを使用したすべての文書」をクリックしてOKを押して下さい。
  5. これで標準フォントを変更できました。

Mac

  1. 書式メニューから「」を開いて、「フォント」を開いて下さい。
  2. フォントの右の下矢印をクリックするとフォント一覧が出てくるので、好みのフォントを選択してください。

  3. 左下の「既定値とし設定」をクリックするとて確認画面出るので、「はい」をクリックして下さい。
  4. これで標準フォントを変更できました。
なお、企業等では権限により変更ができない場合があるので、その際は下記出典元をご確認ください。

参考文献
スポンサーリンク
Google



A8
amazonおまかせ

Pixta(年賀状)

translation missing: ja.mypage.affiliate.actions.index.banner_title.nenga

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク
Google



A8
amazonおまかせ

Pixta(年賀状)

translation missing: ja.mypage.affiliate.actions.index.banner_title.nenga

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Translate »